資格習得にはどうしたらよいのでしょうか

>

資格はどの様に取るのが良いのでしょう

どんな資格があるのでしょう

様々な資格があり、野菜ソムリエやファイナンシャルプランナー、世界遺産検定などなど。
身近な例をあげれば、運転免許なども資格のひとつです。最近では副職や転職などを見据えて資格を取得する人が多いようです。
大きく分けると国家資格、公的資格、民間資格です。資格を持っていないと就けない職業もあり、持っていると就職や独立に有利な資格もあります。
医師免許などは国家資格、教員免許などは公的資格、最近よく耳にするTOEICなどは民間資格になります。就職や仕事に役に立つ資格は様々ですが、国家資格や公的資格は主に持っていないとその職業に就けないものが多く、スキルアップや転職、独立に役に立つ資格は民間資格が多いい様です。

資格別に取得の方法の違い

国家資格や公的資格は、専門の学校や専攻の講習などを受けるものが多く、通信教育や独学で資格を取得するのはかなりの努力や試験を受ける必要があります。
その点、民間資格は通信教育で資格を取得できるものが多く比較的取りやすいといえるでしょう。しかし、同じ資格でもレベルが高くなると通信教育でもかなり難易度が高くなります。反対に専門学校などを卒業することで資格試験の受験資格を得るような場合、自分でテキストなどで学ぶよりはるかに難易度は低くなります。
かかる時間も通信教育は本人の努力次第で短時間で取れる場合もありますが、専門学校のように決まった期間で取ることができることに比べると取得の確率は低くなります。自分にはどちらが向いているかで取得方法を考える必要があるでしょう。


TOPへ戻る